上達をさらに高める為に

女性

上手く活用する方法

聞き流すだけで外国語が話せるようになれると話題のスピードラーニングですが、より効果的に使用する方法があります。スピードラーニングでは日常会話が流れ、その後に日本語が流れる構成になっています。それを聞く事で自然と会話内容が理解でき、そして外国語の発音に慣れていく工程です。リスニングに特化しており、自然と何を話しているかわかる様になっています。聞き分けができても話せるかと言えば少々足りません。話す事と聞き分ける事は別物だからです。しかし勉強方法はシャドーイングを取り入れて完成する仕組みになっています。シャドーイングとは聞いた言語を復唱する行為を指します。スピードラーニングは日常会話が流れた後に日本語が流れますが、全ての会話が終了する前に何度も区切っています。シャドーイングでは長い会話を一気に復唱する方法は上達し難く、初心者ではできません。スピードラーニングではある程度で会話を区切り復唱しやすく構成されています。短い内容を繰り返し聞いて復唱する事で効果的に上達を図る教材です。また区切った後に再開する際にはわかりやすい音で知らせてくれます。つまりシャドーイングしやすくなっており、併せる事で高い効果を発揮する仕組みになっています。毎月1枚づつ届けられ、上記の様に学習していきます。電話で会話レッスンも受けられるので、その月の修了試験として活用する事も効果的なスピードラーニングの使い方です。以上の事から聞き流すだけでも上達は図れますが、復唱を取り入れるともっと高い効果がでる教材と言えます。